O2センサー

交換の目安 8万Km/5年

O2センサー(オキシジェンセンサー)とは、排気ガス中の酸素の有無(濃度)を検出する空燃比センサーのことです。

排ガス内の酸素量を測ることで燃料の噴射量に対して酸素が濃い・薄いを判断し、燃料の噴射量を調整するためのセンサーとなっています。
エンジンが暖まっている状態で作動するもので、エンジンが冷えている場合にはO2センサーは作動しません。

 

こんな症状が出たら交換時期

 

 

 

 

 

劣化等により、酸素濃度の検知が正常にできないと、燃費悪化や排気ガスの有害成分増加の原因になります。