スパークプラグ

交換の目安 軽自動車1万Km / 普通自動車2万Km

車は、スパークプラグの火花で、ガソリンを燃やしエンジンを動かすことによって走っています。
しかし、スパークプラグの環境は1600~2500℃と非常に過酷で使っているうちに、プラグ先端の電極が劣化してしまいます。そのため、スパークプラグは交換の必要があります。

 

こんな症状が出たら交換時期

 

 

 

中心電極の角がとれ、丸みを帯びてきたら交換の目安です。交換しない場合は始動不良等エンジン性能を十分に発揮できなくなります。

 

標準装着用プラグと交換可能プレミアムスパークプラグです。ノーマルプラグに比べ始動性・加速性・燃費が向上します。

 

標準装備されているスパークプラグ。
※一部車種はイリジウムプラグ標準装備

 

定期的に交換しましょう。
※最近の車種は、エンジン隙間がなくプラグ交換も難しくなっておりますので、当社にお任せください。