ダイレクトイグニッションコイル

交換の目安 5~7万Km

ダイレクトイグニッションは機械式点火システムに代わって開発された電気式の点火システムです。
機械式は、電気接点の磨耗・接触不良の発生、また接点間スパークの発生により電波ノイズの発生が避けられず、エンジンの高回転化に対応できないなどの問題がありました。
ダイレクトイグニッションコイルは部品点数が少なく燃焼効率が良いので、燃費性能、出力及びトルクの向上に優れています。しかし、部品が高価でエンジンの近くに存在する為、劣化しやすいと言う問題もありますので、定期的な交換がおすすめです。

 

こんな症状が出たら交換時期

 

 

 

エンジンヘッドの上部に取り付けされることから、熱により劣化します。
その結果、スパークプラグまで電気が流れず、エンジンが掛らなくなります。

※スパークプラグの点検と同時にイグニッションコイルの点検も合わせて行うのがおすすめです♪

 

最悪の場合エンジンがかからなくなります。